*

au版「iPad Air」「iPad mini Retina」を購入する前に知っておきたい「先取り! データシェアキャンペーン」とは

公開日: : 最終更新日:2013/12/10 iPad、iPad mini

au 先取り!データシェアキャンペーン

auの先取り! データシェアキャンペーン

au(KDDI)の「iPad Air」「iPad mini Retinaディスプレイモデル」の維持費

au by KDDIからも「iPad Air」「iPad mini Retinaディスプレイモデル」の「Wi-Fi+Cellularモデル」の発売が発表されました。残念ながら既に発売されている「iPad Retina」「iPad mini」と同様にauから「Wi-Fiモデル」は発売されないようです。

よってauから発売される「iPad Air」「iPad mini Retina」を購入するとデータ料金プラン契約により毎月の支払いで維持費が必要となります。LTEデータ通信をフラット契約でフル活用したい場合、通常何もキャンペーンなどが適用されない料金プランでは月々の維持費がデータ料金プランの基本使用料5,985円(誰でも割シングル適用時)となり、iPad Air、iPad mini Retinaの本体購入代金以外に、毎月の維持費が必要となります。

これは「iPad Air」「iPad mini Retina」などのタブレット本体の価格を除いたデータ料金ブラン契約の基本使用料の支払いなのでタブレットを分割購入した場合には前述の5,985円と比較し、タブレットの分割料金が上乗せされることになり比較的結構な金額を毎月支払わなければいけないことになります。

先取り! データシェアキャンペーンで毎月の維持費が軽減される

先取り! データシェアキャンペーンの概要

「iPad Air」「iPad mini Retina」などのタブレットのデータ契約プラン料金が、月額1,050円(最大2年間)となるキャンペーンなので毎月の支払い維持費が軽減されます。(3年目以降は月額 2,992円)

つまり「先取り! データシェアキャンペーン」とは、タブレット用のデータプランの月々の維持費(基本料金)「5,985円」と比較し、毎月の維持費(基本料金)が「1,050円」ですんでしまうキャンペーンなのです。(その他にLTE NET 315円/月 が必要です)

先取り! データシェアキャンペーンの適用条件

「先取り! データシェアキャンペーン」を適用し毎月の支払い維持費を軽減するためにはいくつかの条件を満たさなくてはいけません。その適用条件とは

①「iPad Air」「iPad mini Retina」などのau 4G LTEタブレットを新規購入または機種変更購入する(新規購入、機種変更購入をすることで②の料金プランへの「スタート割」が適用になります)
②「先取り! データシェアキャンペーン」専用の料金プランに加入する
③au 4G LTEスマートフォンとの「スマホセット割」に加入する

上記の3条件が必要となります。ただし以下に気をつけて下さい。

②の「先取り! データシェアキャンペーン」専用の料金プランとは以下になります。

  • LTEフラット for Tab cp
  • LTEフラット for Tab(i)cp
  • LTEフラットfor DATA(m)cp

③のau 4G LTEスマートフォンはLTEフラットの加入契約が必要です。

先取り! データシェアキャンペーンで使用可能なデータ通信容量

  • LTEフラットに加入しているau スマートフォンは7GBまで使用可能
  • 「iPad Air」「iPad mini Retina」などのau 4G LTEタブレットも7GBまで使用可能
  • au スマフォとau タブレットのデータ通信容量合計をシェア(分け合い)することは出来ません

「先取り! データシェアキャンペーン」についての注意点

「データシェア」サービスのデータシェア割と「先取り! データシェアキャンペーン」の比較

2014年春から開始されるデータシェアサービスの「データシェア割」。データシェア割を適用するとデータプランの毎月の維持費(基本使用料)が通常5,985円のところ、2,992円となる割引きサービスです。

データシェアサービスが開始されるとau タブレットの月間データ通信容量は2GBとなりますが、LETフラット契約しているauスマフォのデータ通信容量7GBとあわせて9GBをau スマフォとau タブレットで分け合えることが可能になります。

「先取り! データシェアキャンペーン」とは2014年春に開始予定となっている「データシェア」サービスの先取りキャンペーンなのです。

2014年6月以降はタブレットのデータ通信容量が7GBから2GBに変更される

「先取り! データシェアキャンペーン」が適用されたau LTEタブレットのデータ通信容量は7GBですがこれは2014年5月末までとなり、2014年6月以降のデータ通信容量は2GBになってしまいます。

ただし2014年6月以降は「データシェア」サービスが適用され、au LTEスマフォのデータ通信容量7GBとau LTEタブレットのデータ通信容量2GBの合計9GBをau スマフォとauタブレットでシェア(分け合える)することが可能かと思われます。

「先取り! データシェアキャンペーン」まとめ

・auの4G LTEスマートフォンでLTEフラット契約している
・「iPad Air」「iPad mini Retina」などのauタブレットを新規購入または機種変更で購入する
・「iPad Air」「iPad mini Retina」などのauタブレットの月々の基本使用料が 1,050円で7GBまでのデータ通信容量を使用できる(2014年6月以降は2GB)。

というデータ通信で必要となる毎月の維持費がかなりお得なキャンペーンとなります(LTE NET 315円/月 の支払いが必要となります)

先取りデータシェアキャンペーンは「iPad Air」「iPad mini Retina」の毎月の支払い維持費が格安となるお得なキャンペーンですが、契約する際の適用条件等が比較的複雑なのでauの「iPad Air」「iPad mini Retina」の「Wi-Fi+Cellularモデル」を購入の際にはしっかりこの辺を販売店の店員に確認してからご購入下さい。

またこの記事は2013年10月時点で執筆しておりキャンペーン内容が変更される可能性がありますのでご注意下さい。

スポンサーリンク

関連記事

iPad mini RetinaディスプレイモデルがAppleストアでこっそり販売してた

iPad mini Retinaディスプレイモデル販売開始 Wi-Fiモデル全容量が発

記事を読む

「iPad Air Cellular+Wifiモデル」発売3日間の販売台数はソフトバンク優勢

ランキング「iPad Air Cellular+Wifiモデル」 BCNランキングによる3

記事を読む

no image

「iPad Air」「iPad mini Retinaモデル」にデータ通信月200MBまで無料プラン登場(米 T-Mobile)

米 T-Mobileのお得プラン データ通信月200MBまで無料プラン でも200MB超過すると3

記事を読む

no image

アップルから軽量化された「iPad Air」とRetina搭載「iPad mini」発表

「iPad Air」と「iPad mini Retinaディスプレイモデル」がいよいよ発売 アップ

記事を読む

外出先から自宅のパソコン操作が可能になる「Splashtop プレミアム」発売

Splashtop プレミアム ソースネクストからリモートデスクトップサービス「Splas

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「プラレール博 in TOKYO」
「プラレール博 in TOKYO」の混雑状況レポート(平日編)

「プラレール博 in TOKYO」(幕張メッセ) 先日(2014

チャレンジタッチのホーム画面
チャレンジタッチの電池残量(バッテリ残量)の確認方法

チャレンジタッチはAndroidタブレット Bebesse(

Lenovo ThinkPad 8
Lenovo 8型Windowsタブレット「ThinkPad 8」2014/1/31より発売

発売が決定した8型Windowsタブレット「ThinkPad

Lenovo ThinkPad 8
Lenovo 8型Windowsタブレット「ThinkPad 8」発売か

ハイエンドモデルの8型Windowsタブレット「ThinkPad

ファブレット「au Xperia Z Ultra SOL24」
Xperia Z Ultra SOL24 と電子書籍

6.4インチのAndroidファブレット「Xperia Z Ult

→もっと見る

PAGE TOP ↑