*

楽天EdyカードでiPhone5をおサイフケータイ化する方法

公開日: : iPhone5

楽天EdyカードをiPhone5で使いたい

ガラケーからの乗り換えでiPhone5を使用してます。それなりにiPhone5を活用できていると思っているのですが、大きな不満点が1つあります。それは「おサイフケータイ機能が使えない」という点です。

ガラケーを使用していた頃は、通勤電車の定期券はモバイルsuicaを、普段の買物は楽天Edyを活用しており、定期券購入やチャージなどもガラケーさえあれば済ませられるのでとても重宝していたものです。

iPhone5に乗り換えてからは、モバイルsuicaや楽天Edyなどのおサイフケータイ機能は諦めていましたが、やはり定期券や現金を持ち歩かなくても済んでしまうという快適さが忘れられないため、どうにかiPhone5をおサイフケータイ化出来ないものか調べてみたところ何通りかの方法を見つけることが出来たのでiPhone5のおサイフケータイ化にチャレンジしてみました。

ICカード収納可能なiPhone5ケースを使う

ちょっと前まではあまり販売されていなかったような気がしますが、現在ではこのタイプのiPhone5ケースが多数販売されています。

ICカード収納可能なiPhone5ケースの特徴としては、iPhone5用のケースにICカードが収納できるポケットが付いており、そこにsuicaカードや楽天Edyカードを入れることでiPhone5をおサイフケータイ化することが可能になります。

かなり多くのICカード収納可能なiPhone5ケースが発売されていますが、あまり気に入ったデザインのケースが無かったので、「ICカード収納可能なiPhone5ケースでおサイフケータイ化」は諦めることにしました。

ICカード収納可能なポケットをiPhone5に貼る

これはICカードを収納出来る薄いポケットをiPhone5本体またはiPhone5ケースに貼り付けることでiPhone5をおサイフケータイ化する方法です。

しかしICカードを収納したポケットをiPhone5ケースに貼り付けるのはあまり見た目にもすっきりしない感じになりそうなのでこれも諦めることにしました。

ICカードをiPhone5ケースに中に収納する

私はケースを使う派なので普段iPhone5にはケースを使用してます。可能であればそのケースの中にsuicaカードや楽天Edyカードが収納出来ればと思い調べてみると、可能なことが判ったのでこの方法にチャレンジしてみました。

しかしこの方法だとiPhone5用ケースに収納可能なICカードは1枚となってしまいます。可能であればsuicaカードと楽天Edyカードを使いたい所ですが、使用頻度としては楽天Edyカードの方が多いので今回は楽天EdyカードでiPhone5をおサイフケータイ化してみることにしました。

楽天EdyカードをiPhone5用ケースに収納する方法

必要な物

楽天Edyカード。これは必要になります。私は新たに一枚購入しました。一枚300円で送料もメール便にすれば100円なので合計で400円になります。

干渉エラー防止シール。楽天EdyカードをそのままiPhone用ケースに入れるだけではiPhone5からの反磁界ノイズが干渉してしまい、楽天Edyなどの非接触型ICカードが正常動作しません。しかし干渉エラー防止シールのような電波吸収材をiPhone5本体と非接触型ICカードの間に挟むことにより非接触型ICカードが正常に使用することが可能になります。なのでこれも必須となるアクセサリーです。

楽天Edyカードを薄くする

楽天Edyカードと干渉エラー防止シールをiPhone5用ケースに収納しなくてはいけません。しかし楽天Edyカードはそれなりな厚さがあるのでケースによっては収納できない場合もあります。

楽天Edyカードの中には薄い基盤シートが入っており、その基盤シートだけあれば非接触型ICカードとして機能することが可能です。なので楽天Edyカードの基盤シートだけ残し可能な限り薄くすることにしました。

ネットで調べて見るとジクロロメタンで、基盤シート以外を溶かしたり、湯煎して基盤シート以外を剥がしたりする方法があるようですが、失敗するリスクもあるようなので、私は「楽天Edyカードをカッターで削る」という単純な方法を採用してみました。

以下の工程で楽天Edyカードが使えなくなってしまう可能性もあるので、楽天Edyカードの加工は、チャージする前にやりましょう。チャージした後にカードが使えなくなってしまったらめんどくさいことになりますのでご注意下さい。

あと楽天Edyカードの裏側には、Edy番号とEdyコードが記載されています。これらもあとあと必要となる場合があるのでメモするなり、写真にとっておくなりしておきましょう。

Edy公式の楽天Edyカードの材質は硬めの紙なのか柔らかめのプラスチックなのかわかりませんがカッターで簡単に削ることが出来ます。基盤シートを傷めないようにすこしずつ削って、これ以上やると危険かなというところまで削ってみました。

Edyカードを削った結果

光に透かしてみると基盤シートがはっきり見ることができます。

Edyカードを削ってみた

iPhone5用ケースに収納してみる

iPhone5本体の上に干渉エラー防止シールを乗せます。私の購入した干渉エラー防止シールはiPhone5本体にシールとして貼れるようになっていますが特に貼らなくてシートを乗せるだけでも大丈夫そうなので貼るのはやめました。

Edyカードに干渉エラー防止シールを乗せる

その上に削った楽天Edyカードの乗せます。
EdyカードをiPhone5に乗せる

干渉エラー防止シールと削った楽天Edyカードを併せてiPhone5用ケースに収納させます。

EdyカードをiPhone5にセットしてみた

これでiPhone5と楽天Edyカードでおサイフケータイ化することは出来ました。

コンビニでチャージしてみる

楽天Edyカードをカッターで慎重に削ったので基盤シートは損傷していないと思ってますが本当に使えるのか不安なので、可能であれば無人で楽天Edyカードを使用することが出来る所でテストしてみたいけど、使う前にチャージをしなくてはいけないのでコンビニでチャージしてみました。

レジの楽天Edy置き場にiPhone5をおいてチャージしてみると、何事も無かったようにチャージ成功。

ということで現在は楽天Edyカードでおサイフケータイ化したiPhone5を有効に活用できてます。

おまけ

「楽天Edyリーダー(ワイヤレス)パソリRC-S390」があればiPhone5でも楽天Edyアプリで残高確認やチャージが出来るみたいですが、5000円近い価格なのでちょっと尻込みしてしまいます。

「楽天EdyリーダーUSB型」でもPCに接続して残高確認とチャージが出来るようです。こっちは1800円(送料別)とお安い感じですが、とりあえずチャージはどこのコンビニでも出来るので様子見してみます。確かに残高確認出来ないのはちょっと不便なんですけど・・・

スポンサーリンク

関連記事

記事はありませんでした

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「プラレール博 in TOKYO」
「プラレール博 in TOKYO」の混雑状況レポート(平日編)

「プラレール博 in TOKYO」(幕張メッセ) 先日(2014

チャレンジタッチのホーム画面
チャレンジタッチの電池残量(バッテリ残量)の確認方法

チャレンジタッチはAndroidタブレット Bebesse(

Lenovo ThinkPad 8
Lenovo 8型Windowsタブレット「ThinkPad 8」2014/1/31より発売

発売が決定した8型Windowsタブレット「ThinkPad

Lenovo ThinkPad 8
Lenovo 8型Windowsタブレット「ThinkPad 8」発売か

ハイエンドモデルの8型Windowsタブレット「ThinkPad

ファブレット「au Xperia Z Ultra SOL24」
Xperia Z Ultra SOL24 と電子書籍

6.4インチのAndroidファブレット「Xperia Z Ult

→もっと見る

PAGE TOP ↑