*

自炊のきっかけ編

公開日: : 最終更新日:2013/11/27 自炊で電子書籍化まとめ

自炊のきっかけ編

なぜ自炊で本を電子書籍化するのか

自炊で本を電子化した電子書籍を活用している方、あるいはこれから自分で電子化した電子書籍を楽しもうかと自炊の導入を検討している方いずれの方も何かの理由、きっかけがあることでしょう。

私はこれまで電子書籍に関してはあまり興味なかったので普通に本を購入して読書を楽しんでいました。本の自炊をするためには以下の購入が必要で、それぞれの価格が高価なもの(趣味の範囲として)という認識でいたのでとても手を出してはいけないという気持ちがあったのかもしれません。

  • 書籍を裁断するための裁断機
  • scansnap(スキャンスナップ)などのドキュメントスキャナー
  • 電子書籍化したPDF(あるいはJPEG)を活用するためのiPad miniなどのタブレット端末

自炊で本棚の本を減らす

私が自炊による書籍の電子書籍化をやろうとしたきっかけの1つは引越しでした。引越し後に本棚を眺めて「この本が全部なくなったら部屋がもうちょっと片付くのではないか」という疑問がきっかけとなり、所有している本の電子書籍化を考えてみることになったのです。

自炊 代行 業者による自炊を最初に考えた

最初に考えたのは書籍の電子化を代行してくれる業者、いわゆる自炊 代行 業者による電子書籍化の代行です。自炊代行 業者に自分が所有している書籍の電子化(JPEG、PDFへのスキャン)を代行依頼すれば自分でスキャナーや裁断機を購入する必要が無いからです。

代行業者「BOOKSCAN」について色々調査してみた

自炊代行業者にも色々ありますが私が最終的に本の電子書籍化を依頼検討していたのが「BOOKSCAN」です。BOOKSCANのプレミア会員になれば月9980円で50冊の書籍を電子書籍化することが可能で、さらに電子化するための納期も通常の2、3ヶ月に対してプレミア会員なら当日から一週間程度となる制度があることが決め手となりました。

裁断機、スキャナーの購入を考えてみた

すっかり「BOOKSCAN」に代行してもらう気持ちで会員登録を済ませ、書籍もダンボールに詰め終わったあと、代行依頼に関して注意しておくべき点に漏れなど無いように再度「BOOKSCAN」のサイトを巡っていたところ、「ご自身でスキャンする場合」というページがあり、なんとなく眺めていたら、書籍を電子化するためのスキャンするスキャナーと裁断機が紹介されていました。

試しに「scan snap s1500」の中古(ヤフオク)価格を調べてみたところなんと20,000円もあれば購入可能であることを知りました。さらに紹介されている裁断機(カール事務器 ディスクカッター DC-210N)に関しては新品でも10,000円で購入出来るではないですか。

電子書籍化に必要な費用を比較してみた

そこで自炊 代行に電子書籍化を依頼した場合に必要となる価格と機器購入(中古のスキャナーScan Snap S1500+新品の裁断機 CURL DC-210N)に必要な価格を比較してみることにしました。

自炊 代行 業者に本の電子書籍化を依頼する予定だった書籍は150冊なので三ヶ月間、プレミア会員になる必要があります(一ヶ月50冊なので)。それと書籍の送料3回分が必要となります。

自炊代行業者による本の電子書籍化にかかる費用

  • 「BOOKSCAN」プレミア会員:9980円 x 3 = 29,940円
  • 「BOOKSCAN」への書籍の送料:1300円 x 3 = 3,900円

計算してみると合計で33,840円となります。結構な価格になってしまいますね。

裁断機とスキャナーを購入して本の電子書籍化をした場合の費用

対してスキャナー、裁断機を購入して、自炊代行は依頼せず自分で本の電子書籍化をした場合の費用は約30,000円となります。

  • 中古のスキャナー Scan Snap S1500:約20,000円
  • 新品の裁断機 CURL DC-210N:約10,000円

費用(価格)の比較をしてみて自炊することにした

自分で本の電子書籍化をする場合の手間(裁断機による本の裁断とスキャナーによる電子化)に関しては考慮にいれていませんが、上記費用を比較してみるとどう見ても自分でスキャナー、裁断機を購入して自分で本の電子書籍化した方がお得なのではないかと考えが変わってきました。それに今後購入するであろう書籍に関して、スキャナー、裁断機を所有していればいつでも書籍や雑誌を電子書籍化することが可能ですが所有していなければその都度自炊代行業者に本の電子書籍化を依頼しなくてはならず、その度に本を電子化するための費用が必要となってしまします。

このような経緯を経て自分でスキャナー、裁断機を購入して自炊していこうかという気持ちを固めたのでした。ざっくりまとめると

「本を電子書籍化するためのスキャナー、裁断機(中古のスキャナー Scan Snap S1500と新品の裁断機 カール事務器 DC-210N)の価格は想像していたより、かなり低価格で購入できるんだ」

という感じでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

カール ディスクカッター DC-210N が到着した

自炊用裁断機「カール ディスクカッター DC-210N」が到着したので裁断してみた

自炊におすすめな裁断機 コンパクトなディスクカッター カール事務器 DC-210N Amaz

記事を読む

ScanSnap S1500で原稿を取り込み始める

「ScanSnap S1500」で本を電子書籍化する方法

ScanSnap S1500で本をスキャンしてみます 使用する環境はWindos7 「Sca

記事を読む

自炊のメリット編

自炊のメリット編

本を電子書籍化するメリット 自炊と電子書籍に関するメリットとデメリットを自分なりに整理して

記事を読む

電子書籍リーダー用に中華タブレットを購入した編

電子書籍リーダー用に中華タブレットを購入した

タブレットを比較した結果の選択 ここまで来ても自炊用電子書籍リーダー用のタブレットが見

記事を読む

なぜ自炊するのか編

なぜ自炊するのか

なぜ自炊する必要があるのか ここでの自炊とは「自炊の全ての工程を自分で作業する」とし狭義で

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「プラレール博 in TOKYO」
「プラレール博 in TOKYO」の混雑状況レポート(平日編)

「プラレール博 in TOKYO」(幕張メッセ) 先日(2014

チャレンジタッチのホーム画面
チャレンジタッチの電池残量(バッテリ残量)の確認方法

チャレンジタッチはAndroidタブレット Bebesse(

Lenovo ThinkPad 8
Lenovo 8型Windowsタブレット「ThinkPad 8」2014/1/31より発売

発売が決定した8型Windowsタブレット「ThinkPad

Lenovo ThinkPad 8
Lenovo 8型Windowsタブレット「ThinkPad 8」発売か

ハイエンドモデルの8型Windowsタブレット「ThinkPad

ファブレット「au Xperia Z Ultra SOL24」
Xperia Z Ultra SOL24 と電子書籍

6.4インチのAndroidファブレット「Xperia Z Ult

→もっと見る

PAGE TOP ↑