*

自炊に必要なもの・裁断機編

公開日: : 最終更新日:2013/12/10 自炊で電子書籍化まとめ

自炊に必要なもの・裁断機編

本を裁断するための裁断機

「富士通 ScanSnap SV600 FI-SV600」など裁断が不要なスキャナーを所有している方には裁断機は不要となりますが、多くのドキュメントスキャナーでは、本をスキャンするために裁断が必要となります。ここではいろいろな裁断機(断裁機)のタイプをご紹介します。

コンパクトで安全性も高い「スライダー式裁断機」

スライダー式裁断機とは何でしょうか。私が購入した「カール事務器 DC-210N」もこのスライダー式裁断機に分類されます。正直自炊を始めてみようかと思うまでこのような裁断機の存在を知りませんでした。

スライダー式裁断機はカッター部分が剥き出しになっていないため安全性が高く、構造的にもコンパクトに収納することが出来るので非常に取り回しの良い裁断機です。カッター部分がスライダー式になっており、裁断するときにはそのスライダーを「手前・奥」にスライドさせると紙が切れるようになっています。

前述した通り、私はこの種類の裁断機を知りませんでした。事前調査の際に各サイトに記載されている「カール事務器 DC-210N」の使用方法を見てもどのようにして紙が切れるのか全く理解できず、特に「スライダーを前・奥に動かすと裁断される」という説明が全く理解できませんした。

しかし「カール事務器 DC-210N」を使用している動画を見ることによってその疑問を晴らすことができました。あまり一般的に知られていない種類の裁断機なので購入するにもちょっと勇気がいるものですね。

レバー式(垂直裁断型)の裁断機(断裁機)

「プラス(PLUS) 断裁機 PK-513LN」のように、レバーを垂直に降ろすことで本の裁断(断裁)を行える裁断機です。「PK-513LN」では厚さ15mmの紙をカットすることが可能です。

PPC用紙であれば約160枚程度となります。安全ロック機構として、ハンドルロックを解除しないと刃が下がらないようになっており安全面での配慮もあります。

しかし本体が約13kgとかなりの重量だったり、ハンドルロックはハンドルを下ろした状態ではロックできないことから、ハンドルを上げた状態で保管しなければいけないため、十分な保管スペースが必要となります。

重量、保管スペースより裁断枚数を優先させたい方向けの裁断機(断裁機)となります。

レバー式(非垂直裁断型)の裁断機(断裁機)

非垂直裁断型のレバー式裁断機は、レバーの片方が裁断機の台座に固定され、そのレバーを下ろすことにより本の裁断が可能になる裁断機です。

amazonで販売されているこのタイプの裁断機として「大型裁断機・ペーパーカッター 400枚裁断 BA58A4」などがあります。このペーパーカッターはコピー用紙400枚から500枚程度の裁断が可能となるので、多くの書籍が一回の裁断ですむことになります。

しかしながらこの裁断機も17Kgとかなりの重量があり、格納スペースも必要なので購入を検討されている方は、サイズと格納場所を良く考えて購入する必要があります。

またこの裁断機に関してはメンテナンスも大変みたいなので、裁断枚数が多ければ多いほど良く、その分の手間は惜しまないというユーザ向けの裁断機かもしれません。

Amazonレビューには多くのユーザレビューがあるのでとても参考になるのではないでしょうか。

それぞれに特徴のある裁断機

このように裁断機(断裁機)の主な人気商品をタイプ別にピックアップしてみました。それぞれのタイプの比較でポイントとなるのは一度に裁断出来る枚数と裁断機のサイズ(重量)ですかね。

一度に裁断可能な枚数が多ければ、裁断するときに本を分割する手間は少なくなります。しかしそのようなタイプはかなりの重量があり持ち運びがかなり負担となります。

コンパクトな裁断機「カール事務器 DC-210N」を購入しました

私は裁断枚数より格納スペースのコンパクトさを考え「カール事務器 DC-210N」を購入しました。一度に裁断できるのは40枚程度と他のタイプと比較すると少なくなってしまいますが、重量が3.3Kgとかなり軽く持ち運ぶのも容易です。また格納もスリムな状態で格納出来るので「裁断機って邪魔じゃない?」っていう概念を覆す裁断機だと思います。

スポンサーリンク

関連記事

ScanSnap S1500で原稿を取り込み始める

「ScanSnap S1500」で本を電子書籍化する方法

ScanSnap S1500で本をスキャンしてみます 使用する環境はWindos7 「Sca

記事を読む

電子書籍リーダー用に中華タブレットを購入した編

電子書籍リーダー用に中華タブレットを購入した

タブレットを比較した結果の選択 ここまで来ても自炊用電子書籍リーダー用のタブレットが見

記事を読む

自炊の電子書籍リーダーを検討してみた編

自炊の電子書籍リーダーを検討してみた

電子書籍リーダーとしてタブレットを比較する 裁断機、ドキュメントスキャナーを購入して自炊し

記事を読む

ScanSnap S1500を全部開いた状態

中古で購入した人気のスキャナー「ScanSnap S1500」が到着した

今回はフォトレビューをお送りします 自炊用のスキャナー「ScanSnap S1500」が到着しまし

記事を読む

自炊のきっかけ編

自炊のきっかけ編

なぜ自炊で本を電子書籍化するのか 自炊で本を電子化した電子書籍を活用している方、あるい

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「プラレール博 in TOKYO」
「プラレール博 in TOKYO」の混雑状況レポート(平日編)

「プラレール博 in TOKYO」(幕張メッセ) 先日(2014

チャレンジタッチのホーム画面
チャレンジタッチの電池残量(バッテリ残量)の確認方法

チャレンジタッチはAndroidタブレット Bebesse(

Lenovo ThinkPad 8
Lenovo 8型Windowsタブレット「ThinkPad 8」2014/1/31より発売

発売が決定した8型Windowsタブレット「ThinkPad

Lenovo ThinkPad 8
Lenovo 8型Windowsタブレット「ThinkPad 8」発売か

ハイエンドモデルの8型Windowsタブレット「ThinkPad

ファブレット「au Xperia Z Ultra SOL24」
Xperia Z Ultra SOL24 と電子書籍

6.4インチのAndroidファブレット「Xperia Z Ult

→もっと見る

PAGE TOP ↑