*

「ScanSnap S1500」のスキャン設定をする

公開日: : 自炊で電子書籍化まとめ

自炊に必要な読み取り設定

おすすめ設定を元にScanSnap Mangerの設定をする

ScanSnap S1500で自炊用スキャンする前に「ScanSnap Manger」を起動してスキャンに必要な設定を行います。設定に関しては自炊関連サイトでおすすめ設定とされている設定情報を元にしていますが、一部自己流の部分もありますのでご了承下さい。

ScanSnap Mangerの設定と使い方

ScanSnap Mangerの起動画面

「ScanSnap Manger」の起動画面。ここで「詳細」を選択して「ScanSnap Manger」の設定を行います。

ScanSnap Mangerの設定:アプリケーションの選択

「アプリ選択」の設定画面。ここではScansnap S1500で原稿を読み取った後に起動したいアプリを選択することができます。とりあえず「ScanSnap Organizer」のままにしておきます。

ScanSnap Mangerの設定:イメージの保存先

「保存先」の設定画面。ここではScansnap S1500で読み取ったイメージ(PDF)の保存先を指定します。「ファイル名の設定」ボタンを選択すると以下の画面が表示されます。

ScanSnap Mangerの設定:ファイル名の設定

「ファイル名の設定」ダイアログ。ここではイメージ(PDF)を保存するときのファイルの命名規則を指定することが可能です。ファイル名に特にこだわりがなければデフォルトのままにしておきます。

ScanSnap Mangerの設定:画質の選択

「読み取りモード」画面。ここでは自炊のキモといも言えるスキャンするときの読み取りモードを設定します。画質選択、カラーモード選択、読み取り面の選択の設定をします。

画質の選択。自動解像度、ノーマル、ファイン、スーパーファイン、エクセレントが選択できますが、ここでは「スーパーファイン」を選択しておきます。

Scansnap S1500のスーパーファインはカラーモードがカラーまたはグレーの場合は300dpi、白黒モードであれば600dpi相当の設定となります。自炊関連のサイトのおすすめ設定でも大体「スーパーファイン」が主流みたいです。

ScanSnap Mangerの設定:カラーモードの選択

カラーモードの選択。ここではカラー自動判別、カラー、グレー、白黒が選択できます。ここでは「グレー」を選択しておきます。

自炊関連のサイトのおすすめ設定では「カラー自動判別」が主流のようですが、ちょっと試してみた感じでは、Scansnap S1500で自炊する原稿に適した設定をその都度していくのが良いと私は感じたので雑誌などのカラー原稿のときは「カラー」、その他は「グレー」にしています。

ScanSnap Mangerの設定:読み取り面の選択

読み取り面の選択。両面読み取り、片面読み取りが選択できます。Scansnap S1500で自炊した電子書籍は両面スキャンされていなくてはいけないので、ここは両面取り込みにしておきます。

ScanSnap Mangerの設定:継続読み取りを有効にする

継続読み取りの設定。ここでは継続読み取りを有効にするか無効にするか選択します。ここはチェックを入れて「継続読み取りを有効にします」にします。

Scansnap S1500で自炊する場合、一度にセット出来る原稿は約50枚となっています。なので100枚ある書籍は2回原稿をセットして読み取らなければいけませんが、ここにチェックを入れておくとその2回読み取りした原稿を1つのPDFとして保存することが出来るのでこのチェックは必須といえます。

ScanSnap Mangerの設定:読み取りモードオプション

「オプション」ボタンを選択すると「読み取りモードオプション」画面が表示されます。ここでは全てのチェックを外します。

特に「文字をくっきりします」にチェックを入れておくとOCRのテキスト認識精度が落ちてしまうらしいのでチェックは外しておきます。

ScanSnap Mangerの設定:ファイル形式

「ファイル形式」画面。ここではファイル形式をPDFにします。またテキスト認識の選択に関してはチェックを外したままにしておきます。テキストの認識(OCR)に関してはここではやらずに、Adobe AcrobatのClearScanを利用したほうがいいでしょう。

ScanSnap Mangerの設定:マルチフィード検出

「原稿」画面。原稿サイズは「サイズ自動検出」にしておきます。またマルチフィード検出は「重なりで検出(超音波)」にしておきます。こうしておけば複数の原稿が送られる重送になった場合、きちんと認識され、ScanSnapが原稿の読み取りをストップしてくれるようになります。

ScanSnap Mangerの設定:ファイルサイズの選択

「ファイルサイズ」画面。ここでは電子化されたファイルの圧縮率を指定します。「3:標準」にしておきます。

自炊関連のサイトでのScansnap S1500に関するおすすめ設定を見てみてもだいたい「3:標準」ですね。

試しに「1:ファイルサイズ小さく」でスキャンしてみましたがPDFのクオリティがかなり落ちてしまい、電子書籍としてはあまり実用的では無いものになってしましました。

「5:ファイルサイズ大きく」も試してみましたが、確かにPDFのクオリティは高くなります。しかしファイルサイズもかなり大きくなります。特ににカラーモードで読み込んだ場合はファイルサイズがかなり大きくなってしまいます。

綺麗な状態で保存しておきたい場合などは「5:ファイルサイズ大きく」でスキャンするようにし、普段は「3:標準」にしておくというのもいいかもしれません。

次回はこの設定をもとに、ScanSnap S1500で本をスキャンしてみます。

スポンサーリンク

関連記事

自炊のいろいろ編

自炊のいろいろ編

自炊(じすい)とは何か そもそも自炊とは何でしょうか。ここでは当然「書籍の自炊(じすい

記事を読む

自炊のきっかけ編

自炊のきっかけ編

なぜ自炊で本を電子書籍化するのか 自炊で本を電子化した電子書籍を活用している方、あるい

記事を読む

自炊に必要なもの・スキャナー編

自炊に必要なもの・スキャナー編

電子書籍化に必要なスキャナー 自炊工程で本を裁断したあとにはドキュメントスキャナーで本を電

記事を読む

自炊用スキャナと裁断機の購入検討編

自炊用スキャナーと裁断機の購入検討編

自炊用に購入した機器 なぜ自炊するのか編【自炊で電子書籍化まとめ】にあるような理由で自炊するこ

記事を読む

自炊の電子書籍リーダーを検討してみた編

自炊の電子書籍リーダーを検討してみた

電子書籍リーダーとしてタブレットを比較する 裁断機、ドキュメントスキャナーを購入して自炊し

記事を読む

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

「プラレール博 in TOKYO」
「プラレール博 in TOKYO」の混雑状況レポート(平日編)

「プラレール博 in TOKYO」(幕張メッセ) 先日(2014

チャレンジタッチのホーム画面
チャレンジタッチの電池残量(バッテリ残量)の確認方法

チャレンジタッチはAndroidタブレット Bebesse(

Lenovo ThinkPad 8
Lenovo 8型Windowsタブレット「ThinkPad 8」2014/1/31より発売

発売が決定した8型Windowsタブレット「ThinkPad

Lenovo ThinkPad 8
Lenovo 8型Windowsタブレット「ThinkPad 8」発売か

ハイエンドモデルの8型Windowsタブレット「ThinkPad

ファブレット「au Xperia Z Ultra SOL24」
Xperia Z Ultra SOL24 と電子書籍

6.4インチのAndroidファブレット「Xperia Z Ult

→もっと見る

PAGE TOP ↑